白髪はすぐ染めたい

野菜

うちは白髪の多い家系のようで、私は30代半ばから白髪がちらほら見えるようになり、そこから激増してきて、40歳の現在では、おそらく半分近くは白髪になっていると思われます。 白髪がここまで増えて「白髪染め」として髪を染める前から、ヘアカラーは自然素材のヘナを使っていました。 植物生まれのヘナは、オレンジ色の染料です。その上にインディゴ(藍)を重ねることによって黒に近い色になります。ただ、色のバリエーションはケミカルな染料よりも少ないですし、元の髪色よりも明るい色に染めることはできません。 最近では美容院でもヘナを扱っているところが増えています。私の通っている美容院ではナチュラルヘナと、ケミカルな薬剤を混ぜて色落ちをしにくくしたヘナを扱っています。7000円くらいでやってもらえます。 リーズナブルに自分でヘナでの白髪染めをするとしたら、一番お安くすむのはダイソーで売ってるヘナです。税込108円でロングヘア全体1回分はあります。 その次に家で使っているのは、テンスターのファインヘナ。私はディープブラウンを愛用しています。1000円くらいで買えます。 白髪染めはこまめにしたいので、お手頃価格は嬉しいですね。

ケミカルな白髪染めは着色が良いと思いますが、その分薬剤がキツかったり、放置時間が長すぎると髪が痛んだり、うっかり皮膚や家具などに着けたら落ちなくて大変だったりすると思います。 その点へナはラクチンなのです。 ヘナにはトリートメント効果がありますので、長く置いて髪が痛むということはありません。シャワーキャップを被ってそのまま寝て一晩置く人もいるようです。 また、肌についたりバスタブなどにこぼれてもすぐサッと拭き取れば、染まってしまうことはありません。 ただ、一度で濃い色に染めるのは難しく、染め重ねることにより濃い色になってゆきます。 頭頂部に伸びてきた白髪があると、気持ちがとても凹みます。 そんなとき美容院に行かなくても見えるところだけサッと染められるのが便利です。 ただやはり、ケミカルな白髪染めも同様と思いますが、全体をムラなく自分で染めるのは困難なので、分け目やもみあげ辺りを日々重点的に染め、3ヶ月に一度くらいは美容院で染めてもらっています。 白髪が増える歳ということは、髪質も弱くなってきますので、トリートメント効果があり白髪も染まるヘナは是非皆さんにオススメです。