ヘナの特徴

軽食

ヘナは、古くから染料として使われていた植物です。主にファッションとして肌や爪などに色を加えるために使われていましたが、現在ではもっぱら白髪染めに使われるようになっています。なぜならヘナは植物性の染料なので、髪に優しいからです。 従来の白髪染め液は、髪のキューティクルを溶かして、その上で染料をしみこませるというものでした。そのため使用すればするほど、キューティクルが溶かされてダメージヘアになっていったのです。 しかしヘナで作られたヘアカラートリートメントなら、ダメージヘアにすることなく白髪染めをすることができます。価格も手頃で、だいたい200g入りのものが2千円前後で販売されています。髪に優しく、なおかつ購入しやすい価格なので、ヘナによる白髪染めをおこなう人が増えているのです。

ヘナの染料は、葉を乾燥させて粉末状にすることで作られます。そのためヘナを使って白髪染めをすると、枯れ葉のようなオレンジ色に近い茶色に染まることになります。白髪を茶色ではなく黒色に染めたいと希望する人も多く、昨今ではヘナに、黒色の染料を混ぜたヘアカラートリートメントも多く販売されるようになっています。 また、ヘナには独得のツンとした匂いがあります。そのため白髪染めに使った後は、その匂いが髪に残ってしまうことがあります。それを防ぐために現在では、香料も配合されるようになっています。 さらに白髪は乾燥しやすいため、それを防ぐための保湿成分も配合されることが増えています。使用することで、白髪に色だけでなく潤いも与えることができるのです。 このようにヘナのヘアカラートリートメントは、より効果の高い白髪染めができるように進化してきています。